週末起業 実践中
平気でリストラが断行されたり、大企業と呼ばれる会社でも倒産する不景気な世の中、本業だけでは不安です。不測の事態に備え週末を利用して副業にチャレンジ中。起業ネタをはじめビジネス、経済全般について語ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
起業家主婦が急増しているらしい
今朝のフジテレビ・ワイドショーで、起業家主婦の特集をやっていた。

これまで普通の主婦だった女性が起業するというもので、 中には会社経営が順調に進み、ダンナを部下として従えている夫婦もいた。 「妻が代表取締役でダンナが専務取締役」といったパターンの夫婦が紹介されていた。
妻「やりにくいところはない」
夫「24時間一緒にいるので1人になりたいときもある」

夫は、家では労をねぎらい家事の手伝いもこなすそうな。 家庭内ではお互いを名前で呼び合い、「仕事とプライベートは別」と言っていたが、 気のせいか夫はどこか肩身が狭そうな、寂しげな印象を受けた。

女性の起業家は増えてきたと思うが、男性と比べたらまだまだ少ないと思います。 主婦に限らず、独身女性も、起業アイデアが浮かんだらどんどん起業していって欲しいと思う。 女性ならではの観点や交渉術、女性特有のカン、そして部下の掌握術など、 男性が持ち合わせてない点がたくさんあると思います。
女性起業家が増えれば、より社会が活性化すると思うし、世の中明るくなると思います。


スポンサーサイト
いいヒト気取りだけの経営者
「仕事がなかなか見つからない中卒者を雇ってあげているんだ」
私は世の中のためにいいことをしているんだ、と鼻にかけていた経営者がいた。

その雇われていた中卒者は4人。家庭の事情で高校には行けず、一生懸命に仕事を探してるのにどこも 雇ってくれない、というような子たちではなく、勉強が嫌いだから高校へは行かない、生活態度も不真面目 な子たちだった。深夜遅くまでカラオケで歌い、朝は平気で遅刻。こちらが電話かけないと来やしない、 社会人としての心構えのカケラもない子たちだった。前者のような子を雇ってあげるならまだわかるのだが、 どうしようもない子たちを雇って鼻にかけていたのだ。

そういった子たちを雇うのもただでさえ理解できないのに、 「1人1日5000円の赤字なんだ。赤字になってまで雇ってあげているんだ。」 間違った正義感というか、この人アホじゃない?と思うセリフまで吐いていた。 たいして体力のない会社なのに。

その子たちの仕事はタッチタイピング。アンケート結果の入力作業だった。 パソコンを使う仕事なのに、その子たちは・・・パソコンを触ったことがない未経験者だった、、、 なぜ選んだのか、ますます疑問。

運悪いことに、私はその子たちのチーフを任されたのだった。 タイピングソフトである程度基礎を覚えてもらってから実戦に入ったほうがいい、と提案する私を差し置き、 その経営者「納期が迫っているので、いきなり実戦に入ってくれ。プロは1日800枚できるので、 400枚はできるハズだ。」 プロの打者が3割打てるから、バットを握ったこともない素人でも 1割5分は打てると言ってる様なもの。いったい何を根拠にそのようなことが言えるのか、まったくもって不思議だった。

結局ラスト1週間は泊り込みで1日○○時間近くやってもらって、なんとか納期には間に合った。 しかし他の業務も含め予想以上に赤字が出たらしく、その埋め合わせとして私を含めた社員の給料を平然とカットしたのであった。 その子たちには満額払っているのに。

人選もダメ。理解不能な理論。単なる思いつきだけ。赤字を社員に押し付ける。 無能な経営者の下で働いても何の人生経験にもなりません。こんな会社、さっさと辞めてやりました。

後日談。
赤字がひどくなったらしく、わずか1~2ヵ月後に中卒者全員解雇。 やってることが常にいい加減で、社員からは見放され、最後は1人ぼっちになったらしい。それが7~8年前の話し。 その会社、今どうなってるのか知らないし、興味もありません。
いいヒト気取りだけでは会社は経営できません。

ガイアの夜明け 9/27放送分 「医療技術を高めよ」
本日のガイアの夜明けは、医療技術を高めようとする医療現場の特集でした。

昔、私は医療に関するシステムに携わっていたことがあり、 その時に病院業界と密接な関係にあったパートナー会社から病院や医者についての摩訶不思議な世界について聞かされたことがあった。 「医者は新人もベテランも、技術ある人もヘタクソな人も評価は一律と見なされる。」 詳細な部分までは覚えてないが、優劣をつけてしまうと患者数に偏りが出てしまう、というようなことを言われていた記憶がある。 その時非常に閉塞的で怖い世界だと思った。幸い私は健康でほとんど病院へ行くことはないのだが、行くときはやはり優秀な医者に 診てもらいたいもの。治療してもらう医者の技術力がわからないというのも、なんだかヘンな話だと思った。

あくまでドラマや小説の話ではあるが(大学病院モノが多いのだが)、 患者のためというよりも自分の研究や地位向上が目的のように感じられる印象がある。

今日の放送では医療世界独特の学閥に嫌気がさし、それらが医者の技術向上の妨げになっていると考えた医者が、 学閥にとらわれないオープンシステムという新しいシステムをスタートさせたことを紹介した。 その医者の「患者さんのために」という言葉が印象に残った。その病院は福岡の和白病院でした。

医療ミスが後を絶たない昨今、学閥重視ではなく技術向上を目的とした体制の病院が増えることを望みます。 そして今日の医者のように、患者さんを向いた医者が増えることを望みます。

サウンドバイト
衆議院選挙は自民党が大圧勝した。
今朝のテレ朝のワイド番組では、選挙戦をメディア戦略の観点で分析していた。

自民党、小泉首相が用いた手法は「サウンドバイト」と呼ばれるものだった。「郵政民営化に賛成か反対か」「自民党をぶっこわす」etc 短くまとめ、有権者にわかりやすい言葉で伝えていた。

対する民主党は郵政問題をはじめ、年金や税金問題などあらゆる問題に着目して有権者に訴えていた。

番組では自民党と民主党のテレビコマーシャルを比較。小泉さんがカメラ目線でわかりやすく訴えるのに対して、民主・岡田代表はコメントが多く、ごちゃごちゃしていて結局何を訴えているのかわかりにくかった。主に斜めのアングルで、カメラに視線を合わせたのが一瞬だけだったという点もマイナス要素だったと思う。また、小泉さんは解散コメントを発表した会見時とほぼ同じ服装、同じ背景のものに合わせたことも見逃せない。

サウンドバイトは主にニュースメディアに用いられる手法。8秒以内にコメントをまとめるというもの。的確な言葉で短時間にまとめることにより、視聴者にわかりやすく伝えることができるのである。今回の選挙は「わかりやすさ」が重要な要因だったと思う。

ビジネスにおいても、同じだと思った。デモやプレゼンは、細かな部分まで羅列するよりも、キーワードをかかげてそれに沿って端的に説明したほうがお客さんにはわかりやすい。テレビコマーシャルも同じ。ごちゃごちゃわかりにくい表現であればお客さんだって判断に困るのである。

自分の言いたいことだけを羅列したり、知識をひけらかすように細かな部分まで長々と話すのはもってのほか。お客さんの立場にたって、わかりやすく端的に伝えるのがビジネス成功の近道だと思った。今回の選挙、小泉さんから学ぶべき点は多かった。

最後に。
わかりやすかったからと言って、それがいい政治に繋がるかというと、それはそれで疑問である。自民党はマニュフェストも稚拙だったし、詳細な部分まで語っていないので、実際に何を考えているのかわからない。それに郵政選挙で選ばれた議員たちが郵政以外の年金や税金問題を論議するのも甚だおかしい気もする。悪く言えば、多くの国民が小泉さんのイメージ戦略にまんまとひっかかったと言えよう。(逆に言うと、戦略が的中したということではあるが。) ちなみに私は自民党には投票していない。

人とお金が集まるブログ作りの秘伝書―決定版 とっておきの秘技
あなたのブログにちょっと手を加えるだけで、多くの人を集めることができる秘技を紹介した『人とお金が集まるブログ作りの秘伝書』。ブログをただのWeb上の日記として使うだけでなく、お金を稼ぐことができるノウハウから人脈を広げビジネスツールとして活用する方法までを徹底解説。ブログを商売の強力な武器にすることができる1冊だ。

人とお金が集まるブログ作りの秘伝書―決定版
4903111024石崎 秀穂


おすすめ平均 star
starブログのノウハウがギッシリ!
starここまで載せてくれてありがとう!
star具体的なノウハウが満載
starここまで載せるか、マニアックな裏技まで網羅
star珍しいノウハウ本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ブログは、ここ1年くらいで急速にユーザーが拡大しています。ブログはHTMLやFTPの知識や操作なしにWeb上に簡単に情報を公開できる利便性から、一般の人から芸能人・著名人・法人まで利用するに至っています。  そこで、本書ではブログを単なる日記公開の平凡なツールとしてではなく、ブログの持つ魅力やパワーを活用して、お金を儲けたり、人的ネットワークを広げたり、情報資源を集めたりというビジネス活用に不可欠な秘技の数々を解説します。

「儲かる仕組み」をつくりなさい----落ちこぼれ企業が「勝ち残る」ために
「儲かる仕組み」をつくりなさい----落ちこぼれ企業が「勝ち残る」ために
4309243525小山 昇

河出書房新社 2005-08-09
売り上げランキング : 129
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ロングセラー『やっぱり変だよ日本の営業』著者・宋文洲氏(ソフトブレーン株式会社会長)も、(株)武蔵野のノウハウを絶賛!

質の高い人材教育をするにはどうしたらいいか。社内のコミュニケーションを円滑にし、情報共有を実現するには、何から取り組むべきか。IT導入で効果を上げるためにはどういう準備をしておくべきか。社員に経営者意識を持たせ、自発的に業務に取り組ませるには何をすべきか。経営者であればだれでも一度は悩むであろうこうした課題に対して、著者はシンプルにこう答えます。
「仕組みをつくって解決しなさい」と。

質の高い人材教育ができる仕組み。コミュニケーションを円滑にする仕組み。ITが効果を上げる仕組み。社員の自発性を促す仕組み……。そういう「仕組み」をつくり、その「仕組み」に人材を張り付けること。それによって特定の社員の資質に依存しない経営が実現し、組織が強くなる。そうした仕組みが増えることによってシナジー効果が生まれ、「儲かる仕組み」ができあがる、と著者は説きます。自身が率いる(株)武蔵野が、この10年にわたって増収・増益を達成している事実が、仕組みによる経営の有効性を証明しています。

「田舎の中小企業でもここまでできた。仕組みをつくるのは決して難しいことではない」という著者。本書では、そんな仕組みづくりの具体的なノウハウを実例を交えて詳細に解説しています。この一冊で、あなたの会社は大きく変わります。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
小山 昇
株式会社武蔵野代表取締役社長。1948年山梨県生まれ。東京経済大学卒業。1976年、日本サービス・マーチャンダイザー株式会社(現在の武蔵野)に入社。同社退職後、会社経営などを経て1985年に同社に再入社。1989年、代表取締役社長に就任。1999年、電子メッセージング協議会会長賞受賞。2000年度日本経営品質賞受賞。2001年、経済産業大臣賞受賞。また、経産省が推進する「IT経営百選」の2004年度の最優秀賞を受賞した。全国の社長仲間でつくる経営計画研究会主宰。また、全国各地で年間120回の講演・セミナーを行なう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。