週末起業 実践中
平気でリストラが断行されたり、大企業と呼ばれる会社でも倒産する不景気な世の中、本業だけでは不安です。不測の事態に備え週末を利用して副業にチャレンジ中。起業ネタをはじめビジネス、経済全般について語ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
種苗ビジネス(ガイアの夜明け8/9放送分)
今回は、種苗ビジネスにスポットを当てた放送だった。 わずか1mm程度の種が1兆円を超す産業となっているそうな。

野菜や果物は日々品種改良がおこなわれ、3年も経てばそのほとんどが新しい品種に入れ替わるそうな。 すなわち店頭で売られているキュウリやトマトも一見同じように見えて、3年後には全く別の品種となっているらしい。

種苗ビジネスに参入しようとは思わないが、流通ルートに疑問を感じたことがあったので記したいと思う。

種苗会社 → 農家 → スーパー、小売店 → 消費者

種苗会社によって品種改良された野菜や果物の種は、まずは農家に販売され、 スーパーを経て消費者の口に入るのである。どのくらい甘くなったのか、食べやすくなったのか、 と言った情報はもちろん研究改良をおこなった種苗会社が一番よく知っている。 もちろんそのことを農家に説明して、種を買ってもらっているとは思うのだが、 一般消費者はそういった情報はほとんど知らないと思う。 たまに試食のおばちゃんが「甘いですよ」と宣伝している程度で、具体的にどの点が改良されたのか、 わからない人がほとんどだ。それは「農家からスーパー」「スーパーから消費者」間の伝達が、 うまく言ってないからだと思う。

イベント会場や行楽地などで種苗会社の人らが試食のデモンストレーションをおこなってはいたが、 その品種の知名度が一気に広がるわけでもなく、反応を確かめるに過ぎないと思うし、 やはり最終的に消費者に伝わらなければ意味がないように思った。 種苗会社の接点は、現在は農家しかないそうなのだが、スーパーや消費者にも接点を持ち、彼らに改良結果を明確に説明できる ような仕組みを作れば、いい品種は正当に評価され、その分売上げを伸ばすことができ、 いまく行けばブランド種へ成長させることもできると思った。

流通の仕組みが変われば、今以上の産業に発展していくように思いました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://business1234.blog17.fc2.com/tb.php/17-e63dcf44
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。