週末起業 実践中
平気でリストラが断行されたり、大企業と呼ばれる会社でも倒産する不景気な世の中、本業だけでは不安です。不測の事態に備え週末を利用して副業にチャレンジ中。起業ネタをはじめビジネス、経済全般について語ります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サウンドバイト
衆議院選挙は自民党が大圧勝した。
今朝のテレ朝のワイド番組では、選挙戦をメディア戦略の観点で分析していた。

自民党、小泉首相が用いた手法は「サウンドバイト」と呼ばれるものだった。「郵政民営化に賛成か反対か」「自民党をぶっこわす」etc 短くまとめ、有権者にわかりやすい言葉で伝えていた。

対する民主党は郵政問題をはじめ、年金や税金問題などあらゆる問題に着目して有権者に訴えていた。

番組では自民党と民主党のテレビコマーシャルを比較。小泉さんがカメラ目線でわかりやすく訴えるのに対して、民主・岡田代表はコメントが多く、ごちゃごちゃしていて結局何を訴えているのかわかりにくかった。主に斜めのアングルで、カメラに視線を合わせたのが一瞬だけだったという点もマイナス要素だったと思う。また、小泉さんは解散コメントを発表した会見時とほぼ同じ服装、同じ背景のものに合わせたことも見逃せない。

サウンドバイトは主にニュースメディアに用いられる手法。8秒以内にコメントをまとめるというもの。的確な言葉で短時間にまとめることにより、視聴者にわかりやすく伝えることができるのである。今回の選挙は「わかりやすさ」が重要な要因だったと思う。

ビジネスにおいても、同じだと思った。デモやプレゼンは、細かな部分まで羅列するよりも、キーワードをかかげてそれに沿って端的に説明したほうがお客さんにはわかりやすい。テレビコマーシャルも同じ。ごちゃごちゃわかりにくい表現であればお客さんだって判断に困るのである。

自分の言いたいことだけを羅列したり、知識をひけらかすように細かな部分まで長々と話すのはもってのほか。お客さんの立場にたって、わかりやすく端的に伝えるのがビジネス成功の近道だと思った。今回の選挙、小泉さんから学ぶべき点は多かった。

最後に。
わかりやすかったからと言って、それがいい政治に繋がるかというと、それはそれで疑問である。自民党はマニュフェストも稚拙だったし、詳細な部分まで語っていないので、実際に何を考えているのかわからない。それに郵政選挙で選ばれた議員たちが郵政以外の年金や税金問題を論議するのも甚だおかしい気もする。悪く言えば、多くの国民が小泉さんのイメージ戦略にまんまとひっかかったと言えよう。(逆に言うと、戦略が的中したということではあるが。) ちなみに私は自民党には投票していない。

人とお金が集まるブログ作りの秘伝書―決定版 とっておきの秘技
あなたのブログにちょっと手を加えるだけで、多くの人を集めることができる秘技を紹介した『人とお金が集まるブログ作りの秘伝書』。ブログをただのWeb上の日記として使うだけでなく、お金を稼ぐことができるノウハウから人脈を広げビジネスツールとして活用する方法までを徹底解説。ブログを商売の強力な武器にすることができる1冊だ。

人とお金が集まるブログ作りの秘伝書―決定版
4903111024石崎 秀穂


おすすめ平均 star
starブログのノウハウがギッシリ!
starここまで載せてくれてありがとう!
star具体的なノウハウが満載
starここまで載せるか、マニアックな裏技まで網羅
star珍しいノウハウ本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ブログは、ここ1年くらいで急速にユーザーが拡大しています。ブログはHTMLやFTPの知識や操作なしにWeb上に簡単に情報を公開できる利便性から、一般の人から芸能人・著名人・法人まで利用するに至っています。  そこで、本書ではブログを単なる日記公開の平凡なツールとしてではなく、ブログの持つ魅力やパワーを活用して、お金を儲けたり、人的ネットワークを広げたり、情報資源を集めたりというビジネス活用に不可欠な秘技の数々を解説します。

「儲かる仕組み」をつくりなさい----落ちこぼれ企業が「勝ち残る」ために
「儲かる仕組み」をつくりなさい----落ちこぼれ企業が「勝ち残る」ために
4309243525小山 昇

河出書房新社 2005-08-09
売り上げランキング : 129
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ロングセラー『やっぱり変だよ日本の営業』著者・宋文洲氏(ソフトブレーン株式会社会長)も、(株)武蔵野のノウハウを絶賛!

質の高い人材教育をするにはどうしたらいいか。社内のコミュニケーションを円滑にし、情報共有を実現するには、何から取り組むべきか。IT導入で効果を上げるためにはどういう準備をしておくべきか。社員に経営者意識を持たせ、自発的に業務に取り組ませるには何をすべきか。経営者であればだれでも一度は悩むであろうこうした課題に対して、著者はシンプルにこう答えます。
「仕組みをつくって解決しなさい」と。

質の高い人材教育ができる仕組み。コミュニケーションを円滑にする仕組み。ITが効果を上げる仕組み。社員の自発性を促す仕組み……。そういう「仕組み」をつくり、その「仕組み」に人材を張り付けること。それによって特定の社員の資質に依存しない経営が実現し、組織が強くなる。そうした仕組みが増えることによってシナジー効果が生まれ、「儲かる仕組み」ができあがる、と著者は説きます。自身が率いる(株)武蔵野が、この10年にわたって増収・増益を達成している事実が、仕組みによる経営の有効性を証明しています。

「田舎の中小企業でもここまでできた。仕組みをつくるのは決して難しいことではない」という著者。本書では、そんな仕組みづくりの具体的なノウハウを実例を交えて詳細に解説しています。この一冊で、あなたの会社は大きく変わります。
著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
小山 昇
株式会社武蔵野代表取締役社長。1948年山梨県生まれ。東京経済大学卒業。1976年、日本サービス・マーチャンダイザー株式会社(現在の武蔵野)に入社。同社退職後、会社経営などを経て1985年に同社に再入社。1989年、代表取締役社長に就任。1999年、電子メッセージング協議会会長賞受賞。2000年度日本経営品質賞受賞。2001年、経済産業大臣賞受賞。また、経産省が推進する「IT経営百選」の2004年度の最優秀賞を受賞した。全国の社長仲間でつくる経営計画研究会主宰。また、全国各地で年間120回の講演・セミナーを行なう

ビジネス維新 8/14放送分
今週も在日中国人経営者、ソフトブレーン、宋文洲氏を迎えての放送でした。

◆ 再建の切り札として、外国人経営者を入れることで企業は改善されるのか?
・外国人経営者は何でもできるわけではない。社内の意識改革が早く達成できる。企業の過去のことについて知らないので、柵にとらわれない。  異業種からの経営者も同様の効果が出ることが予測される。

外国イズムを取り入れる点はいいと思うが、外国人だから必ずしもいいというわけではないと思う。 日本は天下り的な、単に仕事をしない役員が多いのだと思う。

◆ 外国人から見た日本企業の印象
・働く時間が長い。長いのは、ブラブラして働いてるのかもしれない。
・最初のコミュニケーションからスタートまでに時間がかかる。

トリンプがノー残業デーを導入して、仕事の効率アップに成功しているのは有名。 トリンプはコアタイムも導入している。(昼休み後2時間は電話も受けずにデスクワーク集中)

時間を設定して、それを目標に仕事をこなさなければ効率はアップできない。 本来8時間で終わるものが10時間かかってしまうような無駄な残業が多いように思う。

最近は組合の圧力からなのか、ノー残業デーを設定している会社も多いが、 いつも通りダラダラ仕事して、定時に切り上げる会社が多いように思う。それでは意味が無い。

◆ ここが変だよ、日本企業
・日本的精神主義・・・精神論と関係なく結果が出る仕組みが必要。
  無意味な残業が多い。残業を繰り返すから午前中に仕事をしない。

会社とは「仕組み」だと思う。利益を出す仕組みが重要。 優秀な人材も必要だが、仕組みがしっかりしていなければ宝の持ち腐れになってしまう。

・中途半端な成果主義・・・成果を結果だと思っている。
 「結果は自分が責任を持つ」と言ってくれる上司はほとんどいない。
 社員は萎縮してしまい、新しいことに挑戦できない。

日本の上司は部下に対して「オレは偉いんだ」と思わせるのが仕事みたいなもの。 それでは利益に繋がらない。リーダーシップを発揮したり、時にはセコンド的な役割で 部下のモチベーションを上げてあげなければいけない。

   重要な情報を個人で抱えてしまう。他の社員に教えない。

成果主義の最大の欠点。私も成果主義の会社なら、重要な情報は共有しない。

◆ 間違った日本企業
・営業を気合いや根性など精神論で教育する会社は得てして営業戦略のない会社が多い
・残業が頑張っていると思うのは上司の幻想。残業してるからと言って、仕事をしているとは限らない。
・書類の決裁印が多い。書類のハンコが増える程、責任の所在がいい加減。

精神論は時代遅れ。
分野は違うが、日テレ巨人戦の解説陣は精神論で片付けてしまう人が多い。視聴率低迷に一因かと。

上司の目が怖くて先に帰れない。無駄な残業を強いる悪しき習慣。 こういった企業にだけは働きたくない。

一流企業は「戦略がすばらしい」とよく言われるが、そうではなく「戦略の浸透力」が違う。 戦略が間違っていれば変えればよい。上から現場まで、戦略を浸透する力があれば、本当の「間違い」に気づく。 戦略が間違ってなくても現場が実行してない時が怖い。上が「間違い」だと判断してしまい、戦略を変えてしまう。、

さきほど会社は「仕組み」と書いたが、浸透力があってこその仕組みだと思う。 今回の放送で一番重要なポイントだったと思う。

◆ 宋文洲氏のお気に入りの言葉『岡目八目』
 第三者は当事者よりも情勢が客観的によく判断できるということ

◆ 問題点を改善した日本企業
 キャノン販売・・・ホワイトカラー業務の棚卸。お客さんの利益に繋がる仕事をチェックすることにより無駄、無意味な仕事を省く。

日産、カルロス・ゴーン氏の場合は「目標と達成期日を公言し、達成できなければ辞めますと断言したので部下がついてこれた。 管理職がリスクを取らなければいけない。責任を負わないのが日本企業の問題。部下のモチベーションが上がらない。

特に公務員は責任を負わない。潰れる心配がないから、ますますダメになっていくだけ。 公務員全部がダメというわけではなく、IT企業誘致に成功している沖縄のような例もある。

民間企業の場合、責任をすべて部下に負わせるような会社は人材が育たないであろう。

◆ 日本の企業が海外で成功するには?
まずは海外で成功するよりも、国内の部門を成功させること。 異質な人材(変わり者)の能力を発揮させて、シニア世代、会社を退職した方々も活かせる、女性のパワーをもっと活かせる、 そういう方法を考えることができれば海外で絶対成功できると思う。

日本の企業は人材の能力を十分に発揮できてない場合が多いと思う。 上司はティーチング、コーチング能力をもっと身に付けるべきだと思う。今後生き残るのはそういった会社だと思う。

起業関連サポートプログラム紹介
情報コンビニ「電脳招き猫」

日本にもついに「情報起業」ブームが到来!「電脳招き猫」は、情報起業家と情報を探している人の出会いの場です。


情報販売起業塾

1日2時間程度の作業で「月収100万円」を達成した情報販売のカリスマが塾長を努める「情報起業塾」。 情報起業(インフォプレナー)の基礎から実践までを通信教育で習得いただきます。


プチリタイヤー養成講座

まぐまぐの新着ランキングで1位を獲得したメールマガジン『何もしないで月50万円! インターネットで幸せにプチリタイヤする方法』では、独立・起業・SOHO向けのインターネットビジネス成功法として、 『プチリタイヤー養成講座』を販売しています。


誰にも教えなかった情報起業成功の極意!

素人の私が0から年収3.000万稼ぎ出したその極意を告白。 私は啓発なんかのノウハウも山になるくらい買いました。確かに基本は大事、勉強も大事です。 デモね。ちょっと違ってたんです。ノウハウを読むのと、実際に稼ぐってことは・・WEB上で私が稼いできた 今まで誰にも教えなかった極意を、包み隠さずお教えいたします!!


たった5ヶ月で1600万も儲かった!失敗しようがない情報起業成功

既に購入者の方々から、「月収100万円を達成できました!」「目からうろこが7枚も落ちました!」 「これなら、失敗しようがないですね」等々の多くの喜びの声を頂いております。 実践してきた、ウソ偽りのない情報起業の成功法です。 私は、このノウハウでたった5ヶ月で1600万円稼ぐことができました。 このノウハウを多くの方々に活用していただき、月収100万円以上で、 自由な時間がたっぷりと得られる幸せな人生を送っていただきい。


Webノウハウ ラーニングコース(講座)

月収2000万突破! わたくし神王リョウは、24歳で「幸せなお金持ち」になることができました。 働かなくても手に入る「趣味のWebサイトから」、月30万の収入とファンを、生み出したことが、きっかけでした。 いま、5年半以上、誰一人として教えなかったその秘密を、「Webノウハウ講座」としてご紹介しています。 個人サイトから、年商1億円のオンラインショップまで、すでに7000名以上が体験! 「週刊現代」「TOKYO1週間」「普通の人が億万長者になった」(本田健著)など、13誌に掲載された本物!論より証拠! 「体験者の感動&興奮の声」を、まずはお聞きください。 週末・情報起業・独立・SOHO・アフィリエイト・Webデザイナーなどにピッタリ!


キャッチフレーズひな形48連発

キャッチフレーズづくりのためのカンニングペーパーです。 アフリエィトを行うみなさんから、ネットショップのオーナー、週末起業家、起業家、中小企業の社長のみなさんまで、大変好評です。 なぜなら、キャッチフレーズは、最初の3秒が勝負のホームページや広告ではとても重要です。 でも、実際に効果的なキャッチフレーズをつくるのはとても難しい。 「キャッチフレーズひな型48連発」は、キャッチフレーズづくりを、カンタンに、そして、楽しい仕事に変えてしまいます。 ひな形を埋めるだけで、まるでプロのような、キャッチフレーズが誰でもつくれます。 そして、解説でキャッチづくりのコツも知らず知らずのうちに身に付いてしまいます。 その効果は、上記の商品解説ページに寄せられた多くの喜びの声が証明しています。まずは、ご確認ください。


デジタルアカデミー

SOHO・独立・副業をゼロから始める方のためのWeb上の学校『デジタルアカデミー』は、 パソコンの基礎からSOHOの実践プログラムまで、実際に報酬を得ながらスキルアップできるよう、 しっかりバックアップしています。


インターネットビジネス通信

インターネットビジネス・情報起業・マーケティングノウハウ・SOHO・1人ビジネス・独立・起業・ネットショップを対象とした、 月刊ニュースレター「インターネットビジネス通信」(月額1500円)です。


お店やろう!(雑貨・ファッション起業向け通信講座)

ネットショップや週末起業と数年来の起業ブームですが、安易な起業に警鐘を鳴らし、 元有名専門学校の講師による徹底指導が評判の、起業塾です。独立に向けた物の考え方から、夢のビジュアル化、 3年先までの事業計画立案と、起業を具体化させる独特の手法で、夢を実現させる講座です。


電力自由化コスト削減ビジネス起業セットプログラム

電気料金を安くする経費削減のセットです。2005年4月より更に電力の自由化枠が拡大しました。 時代に合った商品です。電力会社に申請することにより電気料金を安くする為の知識とノウハウをご提供します。 そして当社で培ってきた集客方法宣伝方法、営業方法全てにおいて網羅されている起業セットです。 新規起業、又は御社の電気料金削減にお役立てください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。